Language
JP
EN

Cafe&Bar

Concept

行き交う、うみでつながる

宿泊するお客様とローカルの人々が交わるサンドバー。
レセプションとラウンジを兼ねた
吹抜けの開放的な空間。
大きな窓から光が差し込み、
目前には海が広がる。
葉山の海岸で拾いあつめた流木や、
石、砂、麻などの自然のオブジェ。
シャビーな色調で統一されたインテリア、
明るくやさしい雰囲気につつまれ
ゆったりとくつろげます。
気分のおもむくまま、
カフェやテラス、オリジナルのティピーで、
自由にお過ごしください。

SANDBAR

うみのホテルオリジナルブレンドや
クラフトビール、
旬の新鮮な三浦野菜を使った
こだわりのお料理をご用意しています。

Morning

6:00 – 9:30
Good Morning
have fun!

モーニングビュッフェで楽しい一日のはじまりを。

Lunch

11:00 – 15:00
Are you starving?

ひとやすみにとっておきのランチタイムを。

三浦野菜をのせたモチっとした食感の国産米PHO(フォー)。地産食材を使用した煮込みカレー。こだわりのビールで爽やかなランチタイムを。

Cafe&Bar

15:00 – 22:00
You deserve it!

くつろぐ午後は、リラックスできる空間で。

天井の高い、広々とした空間で、ほっと一息。
爽やかなドリンクやデザートをご用意しています。

How to use

Relax

オープンな空間で自由に過ごす

食事をしたり仲間と語らうテーブル、ゆったりと寛げるソファに、ひとり静かにうみを眺めるカウンター。少し気分をかえたいときは、光降りそそぐテラスで風を感じたり、ベンチや小上がりでリラックスするなど、計50席のさまざまなお席をご用意しています。

小上がり(こあがり)

裸足で寛げる畳の小上がり。大きめのテーブルやBOHOスタイルのティピーで、おしゃべりを楽しんで。うみがみわたせるカウンターもご用意しています。BYOスタイルでご自由に。

テラス席

営業時間 06:00-20:00
さわやかな朝は、波の音をききながら、うみテラスで朝食を。天気の良い日には、愛犬をつれて一緒にのんびり。夜は、光に包まれた幻想的な空間に生まれ変わります。うみテラスはどなたでもご利用いただけます。

Working

カフェ&ワークスペース

BGMが流れる落ち着いた雰囲気のカフェ&ワークスペース。食べる、働く、くつろげる、そしていつでもうみを眺められるフレキシブルで贅沢な空間です。Wi-fi環境と電源を備えています。
※混雑時、90分制となります。

Art&music

art

うみを感じるさまざまなアートを手掛けるのは葉山で活躍するアーティスト。漂流物アートは高梨 新一氏、柱のドローイングやゲストハウスにつづく壁面のアートはグラフィックアーティストのオタニじゅん氏によるもの。

music

館内に流れるBGMは、サウンドプロデューサーLAVA氏によるセレクト。かろやかなリズムが心地いいサウンド、清涼感のあるナンバーなど、うみをテーマに多彩な音楽を聴きながらお過ごしいただけます。

aroma

エントランスに入るとお客様を迎える爽やかで繊細な香り。葉山での時間をより鮮やかに記憶に刻むアロマは、植物、花、葉、木、果実などから抽出された100%天然のエッセンシャルオイルを使用。

green

開放感のある海辺にふさわしい幸福の木、ドラセナや、ガーデンの大きく葉をひろげたココスヤシ。葉の美しいモンステラやオーガスタに、多肉植物など陽気なgreenが、自然に目を楽しませてくれます。

interior

うみと緑豊かな葉山ならではのナチュラルな雰囲気のオリジナルインテリア。ロビーラウンジには、流木をあつめてつくられた巨大な照明や漂流物のプロダクト、ティピーテントなど、自然のもつ造形の美しさや明るさを感じさせます。

ライブラリ

さまざまな表情をみることができるうみの写真集をはじめ、自然、旅、アートといった本から、ビールの本まで。スマホはカバンにしまって、本をめくれば遊びや仕事への次なるアイディアが浮かぶかもしれません。

Information

Wi-Fi

フリーのWi-fiを完備しています。

Charge

電源のあるお席もございます。

Take out

SANDBARのドリンクはテイクアウトが可能です。

Store hours
6:00-22:00 (L.O 21:00)
Morning
6:00-09:30 (L.O 9:00)
Lunch
11:00-15:00
Cafe&Bar
15:00-22:00 (L.O 21:00)
Reservation
close
check in
----/--/--
check out
----/--/--
Guests
1 adults
0 children