Languege
JP
EN

Journal

Category:
Art

うみのホテルを彩るArtのご紹介

うみのホテルを彩る、うみを感じるアート作品をご紹介します。

地元のアーティストの作品があらゆるところに散りばめられています。

 

漂流物アート

なかでも特徴的なこちらのオブジェは葉山生まれ、葉山育ちの高梨新一(タカナシシンイチ)氏の作品です。

葉山のうみの漂流物や船のかけらと、流木を放射状に並べてあるのが印象的。

高梨氏とホテルデザイナーがアトリエで一緒にアイテムを選定しながら制作したオリジナル作品です。

漂流物は二度と同じものは作れない作品。

そのとき、その瞬間にしか出会えないものが漂流物アートの魅力です。

 

 

船のかけらのオブジェ

葉山のうみの漂流物や船のかけらと、流木を放射線状に並べてあるのが印象的




SANDBARの柱のオブジェ
みなさまは何にみえますか?

 

客室アート (山田 結美氏作品)

ホテル客室のアートと客室番号のサインアートは山田 結美 ( ヤマダ ユミ)氏の作品。

葉山在住の山田氏に、毎日暮らしている葉山のうみをイメージして制作していただいたオリジナル。

山田氏がその時感じたうみの色、空、植物、そこで過ごす人たち、空気感を多彩な色合いで表現した作品を生み出しています。

うみのホテルのコンセプトカラーに合わせた水色のグラデーションは上品で透き通っている印象です。

Ocean superior room
ブルーのグラデーションはうみを反射する光のよう

客室のサイン
お部屋のアートなサイングラフィック

Sunset suite room

 

マクラメアート

マクラメアートは鎌倉山に拠点をおくThe Landscapers (ザ ランドスケーパーズ)の作品です。(マクラメとは、ひもで作られたアートワークのこと)

植物や自然素材のインテリアだけでなく、ボタニカルブランドも手掛けています。コットンのひもを仕様した “マクラメ”アートです。

すべてのアートの中で使用している青色のコットンは、藍染めした糸を使用しています。

バンクルームのマクラメ
うみの中へ導かれるようなのれんの役割をしているアートワーク
大きな1本の流木にマクラメを制作いただいています

1階SANDBARにあるアート作品
うみのホテルのロゴをあしらっています

 

壁面写真

バンクルームの壁面写真は、写真家、志津野 雷(シズノ ライ)氏の作品。

バンクルーム
うみのなかで眠るをコンセプトに、実際の葉山のうみのなかを撮影していただきました

バンクルーム床
バンクルーム内のオリジナルのカーペットは、うみの水面を表現しています
魚が泳いでいますので見つけてみてください

 

オタニじゅん氏アート作品

バンクルームへつづく通路の大きな壁面やSANDBARをトロピカルに彩るアートはオタニじゅん氏の作品。

バンクルームへの通路
深海の中にすすんでいくよう

SANDBARの柱
うみを楽しむ人々のイラスト

バーカウンター後ろ
SANDBARで楽しむひとびとを表現しています



 

流木アート

うみのホテルに入ったとたんに目を引く照明は、日本各地の”うみ”から集めた流木を使用。

この空間に合わせて、オリジナルでサイズと形を決めて制作をした、”オンリーワンの流木照明” です。

 

umi オリジナル壁面アート

フォトスポットにもなっているこちらの壁面は、うみのホテルがこの場所のためだけにデザインし、左官職人さんとつくった象徴的なアート作品です。

ご来館の際には、リラックスした空間のなか Beerと一緒にArtも楽しんでくださいね。

Reservation
close
check in
----/--/--
check out
----/--/--
Guests
1 adults
0 children